Return to site

「共謀罪」を考える

映画と講演のつどい

2017年3月4日(土)14時~16時30分(13時30分受付)

ところ:滋賀弁護士会館 4階大会議室

「共謀罪」を考える映画と講演のつどい
2017年3月4日(土)
14時~16時30分(13時30分受付)
ところ:滋賀弁護士会館 4階大会議室

参加費:500円(資料代)
 主催団体:戦争をさせない1000人委員会・しが
 (連絡事務所:自治労会館内 077-524-9970)

 今国会で上程させると安倍政権が宣言したテロ対策法は、実際に行動を起こさなくても計画するだけで処罰するという趣旨の法律です。2003年~2005年にかけて3度にわたって国会に上程されたものの、日本弁護士会や野党によって廃案にされてきた経緯があります。にもかかわらず安倍政権は、東京五輪開催を口実に、「テロ対策法」と名前を変えて再度上程して、今度こそ強行採決に持ち込もうともくろんでいます。

 今回は、滋賀県弁護士会の黒田啓介弁護士をお招きして、市民のみなさまにわかりやすく、いろんな例を挙げながら説明していただきます。戦前のように政権を批判するだけで投獄されるような恐ろしい社会を再現してはなりません。ぜひ、お越しください。

第1部 :映画上映「高江~森が泣いている~パート2」(63分)

第2部 :講演:共謀罪(テロ等準備罪)ってなんだ?
  ~テロ対策にかこつけた、市民監視が危ない~
 講師:黒田 啓介 さん(弁護士 滋賀弁護士会所属)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly